2011年06月26日

2011内灘サイクルロードレース

朝6時内灘へ向けてゴー。
今日のレースは10kmなのでせめて自走で。。。

受付でチップをもらい準備。t2くんの車に荷物を置かせてもらう。感謝!
パンフレットを見てびっくり。自分の出場する1周レースは参加者12名だと。
期待と不安が入り混じる。

チームTTが始まっていたので観戦。
新コースの最終コーナー付近で観ていたが、いまいちコーナースピードがのってないような。
どうやら強烈な向かい風に苦労しているみたい。

個人TTも終盤になったところでかる〜くアップ。
上級レースにくっついてスタートラインへ。3周レースは大盛況だね。

スタートラインにそろったのは8名(汗)スタート前に記念撮影してるし。
この人数じゃサイクリングやね、の声も。。。
んじゃ、行ける所まで逃げるしかないっしょ。

ピストルの合図でスタート。人数いないのでコースが広い!ちょっと様子を見るがほんとに誰も出て行かないので一気にスピードアップ。集出荷場交差点を過ぎてチラッと後ろを見ると2人着いて来てる。まだがんばれるとペースアップ。
3人で回せばいい感じで行けるかとローテを頼むが「このペースじゃ無理!」と言われ、ちとペースダウン。気がついたら4人になってる。チームTTみたいやなと思いながら追い風細道区間へ。コーナーの入り方がばらばらでペースが乱れる。
湖西に出て4人のペースが落ち着いた。休まれたらまずいなぁと思う。赤シルベストがちょっと付き切れしそうになったり、青ジャージがあまり前を引かなくなったり、黄ジャージは協力的だったり、展開が見えてきた。
大クランクの出口で勝負のアタックを掛ける。アウターを踏み倒して、差が開いたかに見えたが、ここで青ジャージがまた追って来て逃げをつぶされた。
バンクコーナーを抜けて向かい風区間。すっごく苦しい。赤シルベストがすっと前に出た。ここで着かなきゃと思ったが差がつまらない。後ろ2人は切れて一対一だ。
最終コーナーで3秒ほど開いてしまったか?残り250m必死でもがくも差をほとんどつめれず、20mほど遅れてゴール。
内心ちょっと悔しかったが、無事ゴールできたことに感謝。赤シルベストとクールダウンしながらレース内容を振り返ってみてた。

今年の暑い内灘も終わった。。。
posted by 0nix at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース

2011年06月19日

内灘練

今年から内灘サイクルロードレースのコースが変わる。
一度は走っておかないと、と思いながら今日まで来てしまった。

出掛けにとてもショッキングな事があり、気分はブルー。
それでも気を取り直して内灘へ向かう。

内灘到着は8時半ころ。ソフトクリームのお店前でトンデモグループを見つける。
ちょうどキャプテンと店長がスタートしたところだったので便乗して走る。

メインロードを北上、とても新鮮な気分。
そして、最初のコーナーから湖西へ向かう。
とても細い道だ!畑と段差ないから自然とコースアウトしそう・・・
湖西のコーナーもきつくていやらしい。
新しく抜けるクランクは自分的には好きな感じ。
ただ砂が浮いているのは注意。
2つ目のクランクは逆周りで走るのははじめて。
道幅は十分あるのでスムーズに曲がれそう。
そして、メインロードへ戻るコーナー。
微妙にバンクしてるので突入が難しそう。
ここからの直線は思ったより長いので、アタックに注意しなきゃ。
メインロードに戻るとゴールは200mくらいなので、
最後のコーナーを抜ける番手で勝負は決まりそう。

2周はキャプテン、店長らと回して走る。
次の2周は個人TT状態・・・
最後の1周は大勢でクールダウンのはずが、なぜか最後はアタックがかかる・・・

帰りの8号線がきつかった。さて、あと1週間か。
posted by 0nix at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2011年06月12日

登り練

所用ですっかり出遅れスタートは7時。スペシャでゴー。
東芝坂から中の峠へ行こうと思ったが、鍋谷線を思い出して進路変更。
鍋谷線はもう何年も来てないが、全舗装されたということで楽しみ。
鍋谷3ヶ村を通り過ぎ、がんぶち標識を左折。
始まりはおとなしい山道だが、途中から傾斜がいやらしい。
449よりきついかもしれんなぁとブツブツいいながら登る。

峠から和佐谷に下り、今度は449へ。
国光からの登りに今年初挑戦。
コースを熟知してないので勾配の変化に苦労した。
日本海サーキットからもがき入れてフェンスまでがんばる。

2本目は坂尻から。
途中MTBやクロスバイクやママチャリ!のおっさんとすれ違ったので
全員追い抜くことを目標にスタート。

モリアオ池までにママチャリとクロスバイクは捕まえたが、
MTBは国光分岐を過ぎるまで先行された。
見晴らしから負荷をかけてみるが、まだまだ弱っちい。

再び坂尻に下って、トンデモツーリングを追っかけてみる。
確か一向一揆の里往復だったと思い、キャニオンロードと並走して走る。
ロードバイクが多かったなぁ。

一向一揆に着いたがローディーの姿はなく、折り返す。
復路もキャニオンを見ながら走ったがそれらしい姿は見えず。
おはぎやも誰もいなかったのでそのまま帰宅。
なんとか100km越え。
posted by 0nix at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年06月10日

負荷練

今朝は雨かと思ったが、降ってないのでラッキー。
時間がなかったので河内往復。朝から21℃表示、暑いね。

負荷に耐えられるよう53x13固定。ケイデンス40台だって。
そのままパーク獅子吼の登りも登ってみたが、こけそうで怖かった。
バイクを全く振れないのでリズムもできない。
まだ負荷に耐えるには時間がかかりそう。
posted by 0nix at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年06月09日

ナイトライド

昼の時間が長くなったので夜練してみた。
Owleyeライトのおかげで視界はいいのだが・・・

虫多すぎ!顔にビシビシ込む小虫があたりまくり、口開けられない。
何度捕食しそうになったことか。生食は嫌じゃ〜。

1時間半くらいで帰還。やれやれ・・・
posted by 0nix at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

2011年06月06日

トンデモロングライド

朝5時自宅スタート。今日はトンデモロングライドに参加。
内灘まで1時間みてたが、到着はぎりぎりの5分前。
集合地点にはキャプテン、Shinさん、ryoくんの姿が。
行きは追い風なのでちょっと楽ができそう。

キャプテンやShinさんの快調な引きに便乗して北上。
ふとGPSメーターに目をやると、何と充電切れ!いきなりかい!
そういえば昨日の449からほったらかしやったなぁ。

免田のあたりで先頭に出て引かせてもらう。
みんな快調ペースで旧鹿西町のコンビニで休憩。約1時間半。
この後もキャプテン、Shinさんの引きで七尾に到着は8時頃。
食彩市場で海を見ながら大休憩。ここでShinさんのメータもギブアップ。

復路は向かい風になるかなと心配だがさてどうなるやら。
七尾火力に向け走っていると、2人のサイクリストの姿が。
k6ちゃんとN田さんだ。
迎撃に来てくれたようで、ナイスタイミングにびっくり。
総勢6名で再スタート。

国道を避けての道は車通りも少なく快調。
海に面した細い路地を走っている感じ。
再び国道に合流して能登立山シーサイドラインの始まり。
ローテーションしながら氷見を目指す。

Shinさん先頭でグッとペースが上がる。
ちと集団から差がついた。いっちょ逃げてみますかと意思統一。
だが、脚で勝るShinさんに登りのたびちぎられ、平地で引きずられ、
氷見温泉の上りでは痙攣で手に力が入らない!
ダメージでかすぎ。。。

阿尾のコンビニで後続を待つ。
気がつけば11時を過ぎていた。メーターがないと時計も見れず不便だ。
しっかり補給を入れていよいよ県境の山に挑む。

氷見市内から県境に向けて右折。
しばらく走った所でキャプテンからミスコースかもしれないと言われたが
石川に抜けれるのは確かなのでそのまま前進。
少しずつ山岳コース的な雰囲気が出てきた。

キャプテン、Shinさん、k6ちゃんがぐいぐい登っている。
熊無の標識、そういえばR415は熊無って集落があったっけ。
登り終わったかと思いきやまだ登りは続くのであった。
懸札?そういえばローマンのヒルクライムシリーズにそんな地名があったような。
車通りも少ない、いい山岳コースだな。
ようやく原山峠に到着。

鹿島少年自然の家からの下りは豪快そのもの。
道の段差がちと気になったが、楽しかった。
逆コースもいいトレーニングコースになりそうだ。

国道に出てk6ちゃん列車で南下。
帰路はmatta師匠直伝のスーパー農道を走る。
これがまたいやらしいほどのアップダウンのあるいいコース。
脚が何度攣ったことか・・・

横山でk6ちゃんとryoくん離脱。
N田さんも帰路に着いた。
残った3人で内灘を目指す。心配された向かい風も大したことなく助かった。
河北潟道路をぐっとスピードアップで終了。
posted by 0nix at 07:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車

2011年06月04日

449

朝もたもたしてたらスタートが遅れて坂尻到着は5時半。
スタートから39x19固定、立ち漕ぎなし。
もうまったく登れない。。。タイム計測もなし。
風吹から先も誰も走った跡がなさそう。
頂上までもがき苦しんで1本目終了。

下りの棒登りでk6ちゃんとすれ違う。

2本目は何でもありでスタート。初っ端からダンシングでもがく。
坂に対して挑む気力がわかない。気持ちで負けてる・・・
見晴らし分岐でk6ちゃんが降りてきてUターン。
そのまま2人で頂上を目指す。
k6ちゃんのシッティング&ペダリングは見事なものだ。
だましのミラーでじわじわ差をつけられる。着いていけない。
日本海スピードウェイの平坦を利用してギヤを掛けるが、
最後の直線で捲くられておしまい。脱帽。

とにかく負荷に対しての耐性ができてない。
449にまた挑み続けよう。

posted by 0nix at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン