2011年07月31日

中の峠と瀬女往復

のんびり5時過ぎスタート。
今日で7月も終わり、早いものだ。
終始回転、ケイデンス100以上キープを意識しながら。
110あたりでウェアが擦れて違和感を感じる。まいった・・・

川北橋で22℃。目の前のTMDがだんだん巨大化してきた。
東芝坂もいい感じで登れた。頂点もシッティングでクリア。
無患子トンネル、イン〜アウトまで30km/hキープまぁまぁかな。

中の峠もクルクル回して20km/hキープ。
時間があるので瀬女いってみることにした。しかし・・・

一向一揆過ぎた辺りから雲行きが怪しい。
綿が滝辺りは路面完全ウェット。
そんなに降りはしないが、またシューズべしょ濡れ。気分はブルー。
瀬女付近はドライだったけど。

復路で数人のローディーとすれ違う。
梅雨みたいな天気で、どうもおもしろくない。
白山さんだけ登って帰宅。
約66km。
posted by 0nix at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月26日

まだまだ未熟!

4時15分スタート。本日も中の峠

自転車の推進力は回転でしかない。
回せなければ速度を維持できない。
なぜギヤを選択するのか。なぜケイデンスを計るのか。
自分の目標は何なのか。
やみくもに記録をつけていても進歩はない。
目標を達成できた時、何が良かったのか。
できなかった時、何が悪かったのか。
すべてを受け止め、理解して、次へ進む。

今月ようやく1,000km達成。
ベースを作るトレーニングの基本ができたつもり。
posted by 0nix at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月24日

別当出合往復

石川のチマコッピ、別当出合。
先日から多くのメンバーが訪れており、自分も行きたいと思っていた。
というわけで本日アタックしてきた。

朝3時40分スタート。天気は星が見えるが雲多そう。
思ったより涼しい。昨日の予報では白山吉野は最低気温21℃だったが。
ライトの明かりを頼りに走る。
距離は120km程度だが、標高差があるのでホイールはキシリウム。
ギヤもヒルクライム用の15〜25Tを装備。

今までの実績では吉野谷まで約1時間、市ノ瀬まで1時間くらいだったと思う。
でも今シーズンの調子ではどうなることやら。
体力温存でインナーでクルクル回す。
吉野谷の新しいローソンが新鮮だった。
吉野谷気温計19℃、予報より2℃低い。
予想通り約1時間で通過。まずまずかな。

山はどんより雲がかかっているかと思ったが、近づくにつれ雲は晴れてきた。
むしろ低地の山の方が雲がたれこめている感じ。
木滑の気温計も19℃。山は結構寒いかも・・・

瀬女からトンネルをくぐっていよいよ手取ダムへの登り。
マナーの悪い車に辟易しながら、クルクル登る。
ダム湖沿いのトンネルロードに突入。
ここは標高差はあまりないが、トンネルの圧迫感に悩まされる。
鴇ヶ谷橋の気温計17℃。この調子では別当出合はいったい何度や・・・

完全にウェアを間違えた感じ。クールマックスのせいで汗が冷える冷える。
この季節でシューズの指先がかじかむなんて予想もしなかった。
白峰の町中は早朝のため閑散としている。
緑の村キャンプ場も宿泊テントは2張りのみ。貸切やね。

日の出前なので特に気温が下がるような。指先も冷たい。
GPSを地図モードにして市ノ瀬までの距離を確認する。
登山客の車が沢山追い越していく。白山もにぎわいそうだ。

市ノ瀬発電所を過ぎていよいよ市ノ瀬。満杯の駐車場を横目に別当出合を目指す。
別山に向かう登山客とすれ違い、六万橋を渡る。さぁいよいよヒルクライムや。
陽が上って気温が上がりだしたような。
工大山荘と釈迦岳林道へのヘアピンを登る。
途中バスに抜かれるが、着いていけないのが悲しい。

インナー・ローでやっとやっと登る坂が続く。
下りのバスとすれ違いも道が狭く苦しい。
猿壁堰堤上では10km/h切ることもありがっかり。
ここからSカーブまでも辛い登り。
追い越されたバスが早くも下ってきた。
Sカーブを過ぎると階段状の坂を登っていよいよ白山が見えてくる。

別当出合駐車場との分岐ではチェーンが張られているが
小屋脇の岩の間を縫って前進。そして別当出合到着。
白山に向かう登山者をやり過ごして吊り橋の写真を撮る。
この新しくなった吊り橋はまだ1度しか渡ったことがない。
今度は2702m山頂目指してまた来よう。
IMG_1694.jpg

IMG_1696.jpg

下りは豪快そのもの。こんなに登ってたっけと思うくらい。
あっというまに市ノ瀬通過して、その後も白峰までほとんど下り。

気温が上がってきて、トンネルロードも快適に走る。
道の駅瀬女でトイレ休憩して、そのまま帰宅。
約124km
posted by 0nix at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月23日

中の峠、大日周回、瀬女

今朝はゆったりとスタート、6時半。
大日周回、今年はまだ一度も行ってないので行ってみよう。

川北橋では21℃、最近気温が下がってきた?
東芝坂を登って下って、いつものコース。
中の峠も今日は快調に越えれたつもり。

一向一揆の道の駅をパスして大日川を渡る。
明日がお祭りのようで河原では準備で忙しそう。
一向一揆祭りももうすぐだな。

大日周回コースに入り、いつもの反時計回りでとふと見ると
遠くに一人のローディーの姿が。
彼は時計回りコースを走っている。
ついムラムラと追跡モードでコース変更。

しかしペースが速くて一向に追いつけない。
一旦はつめた距離がまたスルスルと開かれてとうとう阿手まで。
姿を見失って仕方なく大日スキー場へ向かうと前方にローディーの姿が。
スキー場で折り返してきたので、すれ違いであいさつ。
何とまささんではないか。こりゃ追いつけるはずないわ。

まささんと別れてトンネルへの登り。
追っかけモードでヘロヘロになってしまい、ペダルが重い。
ようやくトンネルを越えて大日周回も終了。
もう少し走りたかったので瀬女まで行ってみる。

瀬女に来たのも久しぶりかも。
MTBが一台休んでいたので、しばしおしゃべり。
一里野まで行ってきたらしい。MTBでは最後の坂は辛かったろう。

復路はちょっと向かい風気味。下りなのでたいしたことないけど。
ぷるん坂もがきと鳥越橋スプリントなどいつものメニューで終了。
約90km。
posted by 0nix at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月21日

江津橋&パーク449

寝坊して4時半スタート。
台風は日本から遠ざかったと思いきや、449の山は雲の中。
白山方面もどんより雨雲がかかっているような・・・

行き先が決まらずとりあえず天狗橋方面へ。
風は少し向かい風。山も降ってはいないような感じ。
中島で気温25℃、また熱帯夜か・・・

河内支所前を通り江津橋までアウターかけて負荷練。
信号までがんばろうと思うが、なかなかきつい。
江津橋渡って折り返す。

ぷるん坂からもがきを入れてみるが走りはいまいち。
鳥越橋スプリントもまったく伸びず。
一の宮駅からP449への登りを3本。
ギヤを変え、フォームを変えて登ってみる。
39x21では和田屋入り口のコーナーがきつくてイン取りできない。
39x25では緩傾斜で回りすぎだが最後まで回せる感じ。
39x23も緩傾斜で回りすぎ、ダンシングには軽い。

朝日小横坂1本登って終了。
約35km。
posted by 0nix at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月19日

熱帯夜・中の峠

台風接近で南風が吹き込んでいるせいか・・・
家の中は30℃越えていて寝られない。
いつもどおり4時15分スタート。

出掛けから熱風を感じる。いつもと気温が違う。
それでも川北橋に近づくにつれ、風が涼しくなった気がした。
しかし、橋の気温計は25℃。やはり熱帯夜だったか。
風は若干向かい気味。
川の上でこの気温とはやりきれない・・・

東芝坂からはヒグラシの大合唱。いつもより勢いがあるような。
自分は暑さにすでにバテ気味なのにね。
インナーでケイデンス80キープがやっとやっと。

ハニベに向かう道もセミの声がすごい。
無患子トンネルの中は湿気でじっとり。
30km/hキープできずバテバテ。

給水がぬるくてまずい。ウェアの前全開で走る。
360に出て原町の気温計も25℃だった。
ポチポチと雨が降ってきた。この気温ならいいシャワーだわ。
中の峠への登りでダンシングを所々入れてみる。
どうも着座位置が合わないのか、回転をキープしようとがんばると
次第に前乗りになってしまい、おもしろくない。
トルクを掛けるにはサドルが高すぎる気がする。
また、調整してみよう。

中の峠トンネル、三坂トンネルをクリアして鳥越へ。
雨は少し強くなったような。河内方面も降雨のような気配。
ぷるん坂のもがきも気合入らず。
鳥越スプリントは登りだけ。

白山さんとパーク449で終了。
約43km
posted by 0nix at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月18日

こりずに中の峠

今日も子供の送迎ありなので、早朝スタート。
3時10分、まだ真っ暗やけどなんか蒸し暑い・・・
月は雲がかかっておぼろ月。

川北橋までインナー回転練習。ケイデンス150維持が辛い。
川北橋24℃、むぅ熱帯夜手前や。
東芝坂も真っ暗でセミの声もしない。

無患子トンネルは30km/h維持でクリア。
ハニベに向かう下りも真っ暗だと平衡感覚がおかしくなる?
天然ミストか?はたまた霊気か?一瞬の涼しさ。
丘越えして遊泉寺へ。早朝新聞配達の車は逆走ありなので注意。

原町も24℃!暑いぞ。
暗闇を獣が横切る。リスか?イタチか?
中の峠トンネルでは久しぶりに鵺(トラツグミ)の鳴き声を聞いた。

鳥越下ると東の空が朝焼けっぽい。台風接近で悪天の予兆か?
杉林ではヒグラシの大合唱が始まる。今日も暑くなりそう。

ぷるん坂からもがいて、鳥越橋スプリントも入れて、パーク449登って
本日終了。
約47km。
posted by 0nix at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月17日

クリテ練&いーじーライド

昨日の中の峠の疲れか、起きたのが4時過ぎ。
今日はお仕事なので遠出もできず、早朝子どもの送迎もあるのでさてどうしよう。
とりあえずクレインにキャプテン見送りにスタート。

クレイン周辺のランニングコースをクリテにしてくるくる。
ストップ&ゴーの繰り返しって結構難しい。
小さいコーナーのライン取り、砂の浮いたコーナー、路面の段差・・・
約1kmのコースにコーナーが10個。
こんなコースも面白いな。

クレインにキャプテンの車が来たのでお見送り。
nobさんともはじめて話した。
暑いロングライドやけど、がんばってね。
IMG_1682.jpg

IMG_1684.jpg

一旦帰宅して子どもの送迎。
まだ時間はあるので、回復走に出かける。
松任海浜公園までいーじーライド。
新しくなる警察署や北陸新幹線の高架など風景が変わっていくなぁ。

帰路ではプリンスの大集団と遭遇。
今日は一里野まで行くらしい。暑い中お疲れ様です。
みなみの社長としばしおしゃべりして帰宅。
posted by 0nix at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月16日

娘のロード

tyokuさんから譲り受けた娘のロード。
乗りこなせるかは練習次第。
変速の具合も調整して、どうやらOK。
ワックスかけたらピカピカになって、ちと嬉しい。

IMG_1691.jpg
posted by 0nix at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

祝!十たび中の峠 合同練

3時50分起床、今日はいよいよ10回目の中の峠。
呼びかけに反応はなかったけど誰かクレインいるかなと思ったら、
エースから到着メール来てるし(汗)

クレイン前でテールランプピカピカしながらt2エース先着。
この時間で先着されたことに脱帽。
他誰か来るかね。ヤングチくんとか来るかもって言ってたら本当に来た。
朝からこのメンバーはすごいな。
さらにヤングチくんがぬぴょーんくんが来るから待ってくださいとのこと。
エースを待たせるとは、さすが若者は態度がでかい(笑)
数分遅れでぬぴょーんくん到着。
それではスタートしましょ!

加賀産に出て川北橋を目指す。
自分では引いてるつもりだが、エース、ヤングチ、ぬぴょーんと軽〜く抜かれる。
川北橋22℃、おっ結構冷えてる(笑)
いつもどおりアウターかけて東芝坂までがんばる。
東芝坂突入でインナー回転勝負って、3人パックで抜かれ一人旅。
あっちゅうまに差が開いて、まったく追いつけなかった。
頂上下りで待ってもらって何とか合流。やれやれ・・・

無患子トンネルへのゆる下りもガンガンペースが上がる。
トンネル登りで付き切れしてまた一人旅。
ヤングチくんが待ってくれて集団へ引き上げてくれて助かった。
さすがこの3人は疲れを知らん!

360に出て中の峠へ向かう。
原町も22℃と涼しい。やっぱ早朝はいいなぁ。
麦口あたりまでアウターを踏むが、さすがに辛い。
給水も苦しくてなかなか飲めないのには参った。
嵐で3人パックを見送り、トンネル突入。
と、前方でヤングチくんの激しい咳き込みとペースダウン。
ちとトラブルがあったようだが、復活して三坂トンネルも無事通過。

エースとぬぴょーんくんに追いつき、オプション鳥越城へ。
初っ端の登りですでにインナー・ローってどーすんだ俺!
エースもぬぴょーんくんもシッティングでくるくる登っていく。
ヤングチくんはコーナーインをダンシングでがしがし登って行く。
たった1.4kmだけど我慢できないのが悔しい・・・
城門にたどり着いて休憩と写真撮影。
虫もおらず、涼しくて快適だった。
IMG_1676.jpg

IMG_1681.jpg

ここでヤングチくんとぬぴょーんくん離脱。
2人はさらに厳しさを求めて旅立って行くらしい。。。
エースと山を降りて、鳥越橋を目指す。
ぷるん坂からの平坦直線、エースの引きが強い。
鳥越橋スプリント練も余裕で着いて来て、先行される。
最後の登りで渾身のスプリント、両脚痙攣直前で死にそうだった。

白山さんとパーク449登って終了。
3人のおかげで、いつも以上に楽しいアサレンだった。
みんな、ありがとう!
約46km
posted by 0nix at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月15日

明日も中の峠宣言

中の峠アサレンも連続9回続き、明日は目標の10回目。
一緒に走れるメンバーいたら走りませんか?

朝4時20分、クレインスタート。集合は5分前で。
コースはいつもどおり川北大橋〜東芝坂〜ハニベ〜遊泉寺〜中の峠。
オプションの鳥越城もつける予定。
帰路は鳥越大橋〜白山さん〜パーク449〜坂尻〜クレイン
オプション含め約2時間弱で走ります。

スタート時は暗いのでライト、テールランプ必須。
ヘルメット、グローブ着用必須。
公道マナーを守って練習しましょう。
posted by 0nix at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

9たび中の峠

4時10分スタート。昨日の疲れが脚にずっしり残っている感じ。
今朝も赤銅色の満月が西の空にぽっかり。
なんとなく不思議な光景だなと思う。

脚の疲れがひどいので今日は追い込めんなと思う。
気持ちがすでに負けている・・・
川北橋へ向かう間もケイデンス100回らない。
川北橋23℃、涼しいのだろうか?

東芝坂はヒグラシの大合唱。ニイニイゼミもないてる?
ムクロジトンネルは突入脱出スピードどちらも25km/hくらい。
こんな時は下りでがんばるしかないのだが、ハニベへの下りもペース上がらない。

360に出てからようやく調子が出てきた感じ。
原町22℃は涼しい感じ。
インナーくるくるで麦口、嵐とやり過ごし、中の峠へ。
スノーシェッド苦しかったけど、けっこういい感じで回せた。
そのまま三坂トンネルもクリア。

鳥越橋スプリントは軽くギヤをかけて。
膝に力が入らないのはやはり疲れが抜けてないせいか。
白山さんとパーク449登って終了。

約43km。
posted by 0nix at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月14日

逆・中の峠と鍋谷線

本日お休みのため、真っ昼間2時からスタート。
鳥越城登ろうかと思ったがあまりの暑さに気持ちが折れた。
逆・中の峠で楽しむことにする。

三坂の気温計は30℃、さすがに暑い。
しかし逆・中の峠は登りがとても短い!あっというまに三坂トンネル。
トンネル内は朝の気温が残っているので外気より5℃は低い。
小松への下りも快適、いつもの登りが今は下り。
油断してたらGPSのバッテリーをまた切らしてしまった・・・


長〜い下りを楽しんだ後、遊泉寺からハニベ方面へ。
無患子トンネルへのダラダラした登りは日陰がなく暑い。
東芝坂から加賀産を走るのは嫌なので、鍋谷線へ向かう。
鍋谷集落付近は日陰もあり暑さをしのげた。

鍋谷線に入ると急坂が始まる。脚の疲れが抜けてない。
杉林で日陰のはずだがくそ暑い!。
インナーローでギヤがなくなり、我慢の登り。
暑さで気が遠くなり、何度も脚をつきたい衝動にかられる。
シッティング・・・ダンシング・・・あぁもうダメ・・・
ほとんど止まりそうな速度で峠を越える。ボトルの水も尽きた。
和佐谷側は快適な下り。スリップに注意しながら下る。
杉林の中はとても快適な気温。こんなところならクーラーもいらんのか。
夏は快適な高原で練習できれば最高やなぁ。。。

和佐谷で現実に引き戻される。ヤブカンゾウ?の花がきれいだった。
JA井口にてメローイエロ補給。ちょっと向かい風のなか帰宅。
GPSログ測定不良やけど40kmくらいかな。
posted by 0nix at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング

8たび中の峠

今日はお盆で早朝墓参りのため3時10分スタート。
西の空には赤い満月!星もまたたいている。
Owleyeライトのおかげで視界は良好。
昨晩、リヤタイヤがもう下地ビートが見えてきていたので交換。
でもこのタイヤも年期入ってるんだよな・・・

川北橋は24℃、熱帯夜手前か。
東芝坂までアウター、トップまで入れてみる。
東芝坂は回転でクルクル登る。

早朝?ナイトライドは視界がライトの範囲なので走りが慎重になる。
視野が狭い分、その範囲を集中して見るという日中では味わえない感覚。
ハニベから遊泉寺にでる丘は真っ暗闇。タヌキでもいたら怖いなと思う。

国道に出て中の峠に向かう。原町も24℃、暑いなぁ。
中の峠への登りもケイデンス重視でクルクル回す。
トンネルの照明は外より明るいが、スノシェッドの中は真っ暗。
スタートからほぼ1時間で峠を越える。

今日はあまり無理せず鳥越橋を目指す。スプリント錬もなし。
白山さんだけ登って帰宅。
約43km。
posted by 0nix at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月13日

7たび中の峠

4時10分スタート。
暑さ対策にボトルにぎっしり氷をつめてみたのだが。
今朝も快晴の天気のようで空が明るい。
川北橋までケイデンス150をキープする練習。
入力位置が悪いのか続きません・・・
スタートしてものの10分程度で氷は消滅していた。保温ボトル欲しいな・・・

川北橋で23℃、昨日と同じ。
東芝坂も回転重視で登る。今朝はやたら車が多かった。
無患子トンネル突入速度33km/h、脱出速度30km/h、まぁまぁかな。
約30分で遊泉寺に到着。

今日も中の峠へはケイデンス80以上を意識しながら走る。
呼吸が乱れるのは排気が上手くできないせいか。
吐く息を深く吐くことにも注意する。
残念ながら今日も中の峠20km/hキープできず・・・

鳥越に下って鳥越橋へ向かう。
スプリント練で気づいたことは、踏み脚が疲れてくると膝が左右に開きだす。
その結果、力が最後まで伝わらないダンシングになっている。
踏み足の入力が遅すぎるので無駄な力が入りすぎているのか。
膝を逃がさず、入力位置を早めてダンシング。
少しいい感じ。

白山さんからパーク449への登りでMリ練とすれ違う。
こちらがはぁはぁいいながら登っている坂を軽快に下っていく姿に力強さを感じた。
パーク449を2本登って終了。
約45km。
posted by 0nix at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月12日

6たび中の峠

4時15分スタート。ようやく疲れが少し抜けたような。
Owleyeライトの角度も決まっていい感じ。
でもすぐに明るくなるので、あまりライトいらないような。
川北橋までクルクル回して走る。ケイデンス160でいっぱいいっぱい。

川北橋で23℃、おっ今日は涼しいじゃん。
東芝坂までアウターかけてケイデンス80キープ。
ヒグラシの合唱を聞きながら坂を登る。

今日は思ったより脚が回る感じ。下りも90〜100あたりで回す。
中の峠へ向かう登りも80を切らないようにメーターとにらめっこ。
茶屋のトンネルは20km/hキープできたがその先のスノーシェッドがダメダメ。
18km/hキープできずに悔しい・・・

鳥越に下ってからも100回転を意識しながら走る。
鳥越橋スプリント、最後の坂手前でMリ練とすれ違う。
Mリくんから気合いを入れてもらい、がんばって登り切る。
橋の上で呼吸不全になりそうだった・・・

白山さん坂ではまささん、小柳ローソン付近でコナさんとすれ違う。
みんながんばってるなぁ(嬉)
坂尻口から帰宅。
約43km。
posted by 0nix at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月11日

5たび中の峠

4時15分スタート。寝苦しさで寝た気がしない・・・
昨日の後半、腸腰筋を使った感じが良かった気がして
今日は最初から最後まで腸腰筋を意識して走った。

川北橋手前でGPSスタートしてないことに気づきがっかり。
川北橋は25℃、風は追い風気味。
東芝坂の登り、林からはヒグラシの鳴き声。

暑さのせいか、多少ばて気味である。
中の峠も淡々と登る。追い込めない。

鳥越に下ると風が向かい風気味。それほどきつくはないけど。
鳥越橋スプリント練も今日はやめ。

白山さんとパーク449登って帰宅。
距離不正確だけど約43km。
posted by 0nix at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月10日

4たび中の峠

今日はお盆に備えて早朝お墓掃除のため朝練も早め。
というか、梅雨明け早すぎるし、暑くて寝苦しいし。

3時30分スタート、当然真っ暗。
Owleyeライトの威力はばっちりやけど、ライトの向きが微妙に右向き。
もう少し左を照らして欲しいのだが角度調整が難しい。

川北橋で24℃、すでに汗まみれ。
今日は東芝坂も中の峠も無理せずインナーを使ってクルクル登る。
無患子トンネルも回転で登ったほうが調子良かった。
ハニベの天然ミスト区間がヒンヤリ気持ちいい。

遊泉寺で4時、いつもの起床時間。今日は天気がいいので明るい!
麦口あたりでカジカの鳴き声を聞いた。清流が残っていることが嬉しい。
山にはヒグラシの鳴き声も聞こえる。

中の峠をインナーでクルクル登る。でも20km/h維持できず悔しい。
ふと路上に怪しい影が!
なんじゃ?とよく見るとタヌキではないか。
警戒心が薄いのかこちらが近づいても逃げようともしない。
こんなことでは車に轢かれてしまうぞ・・・

中の峠を越えて鳥越の下り、反対車線にキツネの亡骸・・・
いつものスタート時間に鳥越を走っているのも新鮮やな。

鳥越橋スプリントと白山さん登って本日終了。
約43km。
posted by 0nix at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月09日

3たび中の峠

4時20分スタート。外は天気良し。
今日も中の峠越えコース。
オプションで鳥越城をつけてみよう。

川北橋では26℃、今日も暑くなりそうだ。
東芝坂をいつもどおり負荷練。放牧場最後の坂がきつい。

ハニベへ向かう直線道路でローディーとすれ違う。
今日は中の峠を踏める所までアウター・トップで登る。
自分は回転型ではないので軽いギヤをクルクル回すのが苦手だ。
90〜110rpmの領域で回せるギヤの選択域を広げていきたい。

しかし負荷練はきつい。スノーシェッド手前ではシッティングままならず
ダンシングしてもケイデンス30以下・・・まったく回りませんわ。

中の峠を越えて鳥越城へ。
初っ端からきつい登り。休みどころがない1.4kmだ。
城門まで登って写真を撮る。息が上がってカメラを持つ手が震える・・・

鳥越城を下っていつものコースを走る。
途中でMリ練とすれ違う。その後も5〜6人のローディーとすれ違う。
みんな暑い日中を避けての朝練かな。

パーク449を登って帰宅。
約47km

posted by 0nix at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月08日

再び中の峠

4時15分スタート。
昨夜の雨で路面は所どころ水たまりがあるが、ほぼドライ。
川北橋までインナー。気温26℃、南風が強い。
東芝坂から負荷練。

ゴルフ場坂は路面ウェットなので普通にブレーキでもリヤロックする・・・
タイヤがもったいないけどパニックブレーキの練習。
リヤが暴れる感覚を試してみる。

それにしても暑い。今日は猛暑日らしいが朝からその予兆がある。
ハニベでミストの中に突入。気温が一気に5℃は下がった感じで気持ちいい。
ボトル給水でボトルを落としそうになる。
結露でボトルが濡れているので注意が必要だ。
レースでもボトル落下で怖い思いを何度かしているし。

中の峠はアスター縛りでシッティング負荷練。
この負荷に耐えられるようになるのはいつになるやら。

鳥越大橋前はスプリント数回、最後の登りがとても苦しかった。
白山神社からパーク449に向かう坂でMリ練と遭遇。
この急坂で下ハンダンシングの練習とは!虎の穴や。
Mリン強くなるなと思った。

45km。
posted by 0nix at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月07日

中の峠

4:15スタート。曇っているので朝が暗い。
川北橋で23℃、気持ち追い風気味。
橋を渡るまではインナーを踏んでいたが、ここからアウターに掛ける。
東芝坂で負荷練。53x15でやっとやっと登れるようになってきた。

ゴルフ場からの下りでパニックブレーキの練習。
先日ポンプヘッドを落としたところだ。
下りでのパニックブレーキは簡単にリヤがロックする。
リヤ加重を意識してもとっさの時に対応できるか?

左のリヤブレーキと右のフロントブレーキレバーの引き具合を
考えながらのブレーキングを意識してみる。
下りでのペダリングはリヤホイールへの駆動となり
リヤロック防止のためにも効果的なのだが。
下りを速く下るためには、上手く止まるスキルが重要だ。


物品落下防止策はどうやらうまくいったようで、
ライト、ポンプ、工具ボトルどれも問題なし。
後ろポケットにポンプがないと、骨盤の起こしも楽になった気がする。

中の峠を越えて、鳥越城行こうか迷ったが今日はパス。
鳥越橋手前で数回スプリント練。

パーク449でもう一度負荷をかけて登りの練習。
ポチッと雨が降ったような気がしたが何事もなく帰宅。

約42km。
posted by 0nix at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アサレン

2011年07月03日

反省

今日のクラブランは皆さまにご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。
自分の不注意で落車事故に巻き込んでしまった
よったけさんには心身ともに早く回復されることを祈っております。
キャプテン、k6ちゃん他メンバーに助けていただき感謝しております。

先日より工具ボトルの蓋、携帯ポンプのヘッド、
そして今回のライトと走行中の落下物が続き、
とうとう事故までなってしまった事を深く反省いたします。

今後は自転車装着品の落下防止対策を実施いたします。
1.工具ボトル蓋はねじ込みを確認した上でガムテープで補強する。
2.携帯ポンプは背中ポケットでの運搬をやめる。
   フレームホルダーにセットしヘッド部はガムテープで固定する。
3.ライトはホルダーとゴムバンドで固定した後、ガムテープで補強する。

安全な練習会になるよう、他にも気づいた点は改善をしていきたいと思います。
posted by 0nix at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2011年07月02日

白山まつり

白峰の夏祭り、白山まつりの季節がやってきた。

まつりの見どころは泰澄行列とかんこおどりの夕べだろう。
自転車で見に行って、帰路はナイトライドを楽しみたい。

白山まつりチラシ.pdf
posted by 0nix at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 何の日