2014年10月19日

琵琶湖一周 びわいち

トンデモキャプテンから琵琶湖一周(びわいち)のお誘いを受け、以前からやりたいと思っていたので参加した。真夜中に自宅をスタート。予定では琵琶湖大橋脇の道の駅にクルマをデポする予定だったがスタートの近江八幡までの前走が不安なので道の駅 近江母の郷に変更。しかしここも駐車場が真っ暗で夜道の走行が不安。また予定変更して近江八幡市役所前の駐車場へ直行する。
IMG_2793.jpg

朝5時、まだ真っ暗。駐車場には当然誰もいない。しかも気温が一ケタと寒い!気持ちが入らず用意にも時間がかかる。ようやく明るくなり始めた5時半ころキャプテン到着、続いてトンデモ43zグループ。近江八幡のグループも到着して自己紹介などしてスタートとなった。
IMG_2796.jpg

まずは湖岸道路へ出て石川組の待つ奥びわスポーツ公園を目指す。
まだ朝早いのに湖岸道路は交通量が多く、大型車が脇を通ると緊張する。
近江八幡白王町のファミマでちょい休憩
IMG_2797.jpg

湖岸道路を走ったり、わき道に入ったり。意外と琵琶湖を眺める機会は少ない。
彦根ミシガン通りコンビニで休憩。彦根城が遠くに見える。ひこにゃん会いたかったな。
気温が上がってきたのでようやくウィンドブレーカーを脱ぐ。
IMG_2800.jpg

長浜に近づくにつれ交通量は更に増し怖い。今日は豊公園でサイクルイベントがあるのでプレス車両もちらほら見られた。
長浜を過ぎると交通量は減り走りやすくなる。ローディー、サイクリストも数が増えてきた。同じびわいちかな?
合流予定の8時を過ぎたがスポーツ公園にはまだ着かない。まだかなと思っていたら前からトンデモ列車がやってきた。待ちきれなかったかな(^_^.)

スポーツ公園でトイレ休憩と合流組を交えて自己紹介。次の合流地点を決めてスタート。
この辺りの道はさざなみ街道といい琵琶湖の眺めが非常に良い。石川県にはこんなロケーションはないなぁと思う。ずっとこんな道ならいいのにな。
IMG_280101.jpgIMG_280201.jpgIMG_280301.jpg

道の駅 湖北みずどりステーションを過ぎると道は湖を離れ木之本へ向かう。
国道のトンネルを避け旧道賤ヶ岳トンネルを抜ける。登りも下りも楽しい!
IMG_2805.jpg

ふとGPSを見ると画面が消えてる! え?バッテリー早くも落ちた・・・
というわけでログが一部欠落してしまった。

塩津のコンビニで休憩。ここでの合流組を含め総勢15名の所帯となった。
GPSのバッテリー交換して最記録開始。ほっとする。
合流したクロスバイクが思わぬトラブル。工具もないので応急処置で対処。この後無事完走できたのでよかった。

岩熊トンネルを抜け海津大崎を周る。桜の木が多く、春は人気のスポットやなと思う。ここからの琵琶湖はまるで鏡のような穏やかさ。もっとゆっくり眺めたいなと思う。

マキノ駅を過ぎ、街路樹100選のメタセコイア林を見に行く。ところが地元マラソン大会のコースになってしまったようで、ランナーで大渋滞。道を横断することもできずじっと我慢。仕方なく手前で記念写真を撮って退散。
IMG_2807.jpg

湖西になりまた交通量が増えるかと心配したが国道を外れて走るので思ったほどではなかった。追い風となり、近江大橋を目指すびわいちグループがペースを作りスピードが上がる。ちょっと着くのしんどいなと思う。

しんあさひ風車村で休憩。ここで正午となる。石川組と近江大橋組は時間が押してきたので先行することとなる。
次のコンビニで昼食休憩することとして、近江八幡組もスタート。
IMG_2808.jpg

鳥居が湖に浮かぶ白鬚神社を通過。写真撮りたかったな。
走りながらついうとうとしてしまうほどの天気。寝不足か、まずいなぁ。
北小松のコンビニで昼食休憩。さすがに暑くなり、レッグウォーマーを脱ぐ。
開放された気分。
IMG_2811.jpg

疲れが出てきて、眠気もあり、時間も押してきたので申し訳ないが先行させてもらう。
キャプテンに道を確認して一人逃げ。とりあえずは琵琶湖大橋まで。追い風にのっていいペースで走りきれた。
琵琶湖大橋の最高地点から眺める琵琶湖は格別。広いけどやっぱ海とは違うなぁ。
IMG_2812.jpgIMG_2816.jpg


琵琶湖大橋を過ぎ、近江八幡へ向かう湖岸道路はもろ向かい風。苦行の走りになってしまった。
たくさんのサイクリストをパスしたりすれ違ったりで元気をもらい14:30ころ近江八幡市役所到着。


posted by 0nix at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ロングライド

2014年10月08日

2014 白山一周

今年も恒例の白山一周にチャレンジ。福井経由か富山経由か悩んだけど、昨年は福井経由だったので今年は富山経由で行くことにした。予報で天気はまず大丈夫だが気温が低い。富山から岐阜にかけては恐らく一ケタに冷え込むだろうから防寒は必要。ただ日中の気温は22〜23℃くらいまで上がりそうなのであまり厚着も辛そうだなと感じた。とりあえず夏ジャージにアームウォーマ、レッグウォーマーを準備して就寝。


1:30起床、行動食を取る。気温はそれほど低いと感じなかった。アームウォーマを薄手にして、レッグウォーマーはニーウォーマに変更。ネックウォーマーはどうしようと迷ったが今回は不要と判断。グローブはランニング用指付きに指切り重ねる。上着はベストを着て、ウィンドブレーカーはザックにしまい出発。キャメルバッグの水は2L満タンにしておいた。今回はブルベを意識して携帯品に予備タイヤを1本入れてみた。途中いろんなトラブルを考えるとこれだけでは足りないのだが。。。

<補給内容>
十勝バターレーズンスティック 6本
AEON ドリンクゼリー 2個
   ヘルシーアイシリアルバー 2本
   ライトミール大豆バー 3本
   ライトミールブロック 12本
井村屋 ひとくち羊かん 3本
パワージェル 1個

2:30 自宅出発 四十万気温計は12℃表示。やっぱ寒いのか?空にはきれい過ぎる満月が。金沢市内の信号は相変わらずうざったい。交通量少ないから点滅でいいのではと思う所も多々。でもしっかり順守するけどね。

3:00 兼六園通過 森本駅前からR304に入る。R359との分岐を過ぎると信号もなくなり、街灯もなくなり暗さが増す。気温表示が早くも9℃、寒いぞ!LEDライト2灯で前を照らすが心細い。暗いうちはペースをあまり上げれないと割り切って走る。4時少し前に石・富県境を越える。
   
福光から城端へ抜ける途中医王山にかかる満月がとてもきれいで撮影休憩。ちょうど4:30ころ、いつもの朝練起床時間だ。気温表示は8℃・・・
2014100805.jpg

五箇山トンネルへの登りは焦らずじっくり登る。気温は低いが汗が流れる。五箇山トンネルは向かい風になり下りのはずがちっとも進まない。梨谷トンネルで勾配が増してようやく下りを楽しめる。しかしトンネル内の舗装状態がよくない。かなり振動を感じる道だ。五箇山はなぜか曇りでどんよりしていた。そろそろ明るくなってもいい頃なのにライトが消せない。

5:35 五箇山 村上家 休憩 村上家の公衆トイレを借りて休憩。補給を入れるが、寒さで水を全く飲んでないことに気づく。この先も気温低そうなのでウィンドブレーカを着る。すでに尻が痛くなってきた(汗)  
2014100804.jpg

五箇山から白川郷までは庄川沿いの道。スノーシェードやトンネルが続く。飛越国境は橋を渡るたびに富山と岐阜が入れ替わる面白い道。しかし今日は寒さと思わぬ向かい風に悩まされる。椿原ダムを過ぎ長ーいトンネルを二つ抜けるとようやく白川郷IC。今度の日曜はどぶろく祭りがあるらしい。

6:50 白川郷 荻町合掌集落 国道から離れ荻町合掌集落で撮影とトイレ休憩。先日クマ事件があったせいか、通学の小中学生はみんな鈴を鳴らしていた。気温が上がらない。ずっと10℃くらい。
IMG_2775.jpg

まだ天気はどんよりしていて、これから向かう御母衣ダム方面の空は暗い。鳩谷ダムを過ぎた辺りで突如GPSがガス欠表示・・・ ウソやろ、まだ5時間ほどしかログ取ってないのに。そういえば海抜0m白山の時も4時間ほどでバッテリー切れたなと思い出す。そろそろ寿命かな。あわてず予備バッテリーに交換してスタート。念のためログ間隔を500mおきににした。御母衣ダムへのスロープ道路は舗装工事中で片側通行。登りでこれはたまらんと先行させてもらう。ダム手前のトンネルは以前に比べて大分走りやすくなった。この辺りから天気は急速に回復して太陽がまぶしいくらい。さあこれで気温も上がるぞと期待する。

8:14 荘川桜 平日で人影もまばら。のんびり。こちらからひるがの高原へは大した登りもないのが嬉しい。御母衣ダム最奥の橋を渡り牧戸からひるがの高原を目指す。
IMG_2779.jpg

9:03 ひるがの分水嶺公園 高鷲への下りは思ったより道が荒れてて緊張した。
IMG_2780.jpg

この先、福井へ抜けるには桧峠を越えるか油坂峠を越えるか。今回は桧峠を選択。前谷の集落を抜け一気に道は登りになる。運動場みたいな所ではお年寄りが大勢グランドゴルフを楽しんでいた。阿弥陀ヶ滝に近づくにつれ目前の山腹の高〜い所に道が見える。え・・あそこまで登る・・・しかないよね。。。今の道があそこにどうすればつながるのかが理解できず、とにかく黙々とペダルを踏む。桧峠への登りはとにかく激坂続き。S字カーブからの白鳥方面の眺望がすばらしすぎる!このためにがんばって来たようなもの。
IMG_2787.jpg

IMG_2784.jpg

眺望を楽しんでからもしばらく激坂続き。
道路には今事故にあったばかりのようなリスの死骸が・・・

10:20 桧峠 看板がきれいになったね。
   話好きの山仕事のおっちゃんと自転車談義。
   石川から来たと言ったらびっくりしてた(笑)
IMG_2789.jpg

10:55 石徹白 白山中居神社
   白鳥の長滝神社行けなかったので、ちょっと寄り道したくなって。
   野伏ケ岳登山以来の訪問かな。
IMG_2792.jpg

12:10頃 大野通過
13:21 勝山 チェーン脱着場 休憩
   登りでハンガーノックになった前々回の二の舞にならないよう
   しっかり補給を入れた。しかし食べ過ぎたような・・・
2014100803.jpg

14:16 谷峠
   さあ石川県に帰ってきた。あとはダム湖トンネルロード慎重に!
2014100802.jpg

15:27 めおと岩
   いつもの朝練コース。視点場のベンチでのんびり。
2014100801.jpg

16:06 自宅到着
   13時間36分、休憩を除く実走行時間は12時間10分くらいかな?


posted by 0nix at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロングライド