2011年10月02日

真夜中のロード 100km歩行大会応援のはずが・・・

つぶやきでmatta師匠が100km歩行にチャレンジしてるのを見て、感動してしまった。これは応援に行かねばならないと22時に自宅をスタート。ウォーカーがどの辺りにいるのかよく分からないのでまずはゴールのホテルグランディア小松を目指す。気温は16℃あたり。半袖ジャージにアームウォーマ、ウィンドブレーカーの重ね着。指切りグローブに長コンプレッションパンツ。走り始めは寒く感じたがしばらくで慣れた。ただ指切りグローブはちょっと失敗だったかな。シューズのつま先も少し冷える気がした。
美川から小松方面へ向かう。美川大橋は工事でちょっと緊張した。追い風にのってグランディア小松には23時に到着。写真を撮ってスタート。はたしてどの辺りでウォーカーと会えるだろうか。
IMG_1798.jpg

今来た道を引き返しながら、風が追ってないことに気づく。ほぼ無風なのだろうか。美川駅通りを過ぎ、松本を右折。8号線目指して真っ暗な道を走る。OWLEYEとCATEYEの2灯装備だが、OWLEYEはできれば0時以降に使いたい。省エネモードでも6時間というのがネックだと思う。代行の車が凄いスピードで走り去っていく。。。
8号線に出て金沢を目指す。こんな時間でも交通量は多い。宮丸から松任駅方面に向かい松任警察署から宮永へ向かう。新幹線の高架が暗闇に浮かんでいる。宮永のコンビニではじめてウォーカーと出会った。時間はほぼ0時。何でもエイドの準備が間に合わず0時前に出るなと足止めされているらしい。約80kmを歩いてきたとは思えないほど元気な人たちだ。
宮永から反対車線歩道を歩くウォーカーが見えてきた。真っ暗な中ライトの明かりが揺れている。旗を持って歩いているのはスタッフだろうか?とにかく暗すぎて顔も分からないのが残念。福増から西部緑地公園方面へ向かう。パトライトを消してパトカーが走っていく。不審自転車と思われないだろうか心配したが、職質もなくクリア。
松島北で再び8号線に戻り、車のプレッシャーとの闘い。すれ違うウォーカーの数が大分増えてきた。車や路面状態に神経を使い、ウォーカーの表情を確認する余裕がない。これでは師匠を探すなんて至難のことだなと思う。かといって名前を叫びながら走る勇気もナシ・・・
東インターまでの8号線走行は辛かった。ウォーカーの中にはライトを持たずに歩いている人もいて、大丈夫なのかと少し心配になった。ノルディックウォークのようにポールを持っている人も見られた。東インターから森本方面へ右折して緊張から少し開放される。
森本のコンビニには沢山のウォーカーが休んでいた。ここで残り40kmほどだ。もうmatta師匠とはすれ違っていると思われたが、津幡まで前進してみることにする。梅田交差点から津幡方面の道も真っ暗。第3チェックポイントと思われる所でも沢山のウォーカーが休んでいた。津幡駅前を通り、本津幡方面へ。大分寒さが身にしみてきた。気温は11度くらいまで下がっているようだ。ウォーカーも疲れと寒さで大変だろうと思う。
バイパスの側道を走るようになり、またウォーカーとは反対車線になったようだ。自分も寒さと疲労がたまってきて集中力が散漫になっている。内日角南で引き返すことにする。とはいえ同じ道を帰るのも嫌なので河北潟を突っ切ることにする。しかしこれは真の暗闇ロードだった。空にはオリオン座がくっきりと浮かんでいる。遠くに信号の明かりが見えるが行けども行けどもたどり着かず、脇の藪をゆらず謎の影。そろそろ時計は1時半になろうとしている。真夜中にこんなとこ一人で走るもんじゃないなと思う。才田大橋を渡る時少し温かさを感じた。湖面の温度の方が高いのだろうか。再び8号線に戻ってくるとまたウォーカーの姿が見られた。
帰りは松島北を直進して家路についた。この時点で4時間経過だが100kmにわずかに届かなかった。脚に疲れを感じながら2時半頃帰宅。

約109kmの真夜中ロード。

本日のつぶやきでmatta師匠が無事ゴールされたことを知り感動した。
自転車なら4時間ほどの距離だが歩行となると想像もつかない。
自分も機会があれば挑戦してみたい・・・・いや・・・・やっぱ無理かw
posted by 0nix at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
応援ライドありがとうございました。あんな暗くて、バイパスのように走りにくい道も探してくださって感謝です。始めは楽しかったのですが、道具とペースで失敗して松任からはずっと苦痛との闘いでした。しかし、それも悪いものではなくて普段感じない感情や発想が現れてきて不思議な経験でもありました。また、ノルディックウォーキング教えてください。
Posted by matta at 2011年10月03日 20:30
matta師匠完歩おめでとうございます。本当に感動しました。100km歩行なんてとても考えられません。また話聞かせてください。
Posted by onix at 2011年10月05日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48289849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック