2011年10月17日

輪島・禅の里ロードレース

約2年ぶりの実業団レース。地元石川で開催される禅の里ロードレースは第1回に参加して完走いるが、今年はさてどうなるやら。チームメートも多く参加しているのでできればみんなで完走したいと思った。また多くの応援も駆けつけてくれて、不甲斐ない走りだけはできんぞとも思った。
スタートはクリートを拾うのに手間どり、ちと焦る。ローリングスタートなので上り口まではゆるゆる進む。先頭は20mくらい前か。レース開始の合図があったか、ペースが上がるが思ったほどではなくじわじわ上がる感じだった。1km付近までは間延びした集団みたいな感じで進む。ロードペイントにトンデモの文字があり力強い。観戦ポイントではチームメートの声援を受け元気が出る。1回目の峠を越えて下り区間、思ったより脚にきてしまった。下りが踏み込めない。下りは得意だと思っていたがコース取りが悪い。ペーサーにした走者に着いて行けず悔しい。得意の左コーナーでアウトに膨らんでびびる。古和秀水の右コーナーは薄暗くてインに入りこめない。S字の第1右コーナーは日陰にウェット路面が残り気味悪い。ヘアピンでペーサーとの差をつめるがその後の下りで一気に離され川沿いの平坦区間も単独走。前に追いついてローテに加わりたいのに・・・
スーパー農道の上り口はみんなのペースが落ちる。落ちてきた走者をかわしながら前へ進む。PKのモト君がもがいていたので、もっと上がれと激を飛ばす。峠を越えて下り区間。直線ですごい横風。56km/h程度のスピードなのにあおられて怖い。ヒルクライムギヤでトップが14Tなので空回りしているみたいで歯がゆかった。国道に出る前に2人ほど抜かされ、コーナーで減速ミスって差をつけられる。結局30mほどの差をつめられず単独走で脚を使ってしまう。
2周目の登り、回転を意識しながら登る。ギヤは39x25で後がない。今回のレースで一番弱気だと思ったのはダンシングを使えなかったこと。登りの要所でダンシングを使えば疲労分散にも効果があったかもしれない。でももしダンシングした後に一気に脚に疲労がきたらと思うと怖くて立てなかった。勾配の変化をトルクだけで我慢して登る。そんな時にもチームメートの声援はとても力強い励ましになった。あのコーナーにはtifoさんがいる。あの直線にはk6ちゃんがいる。峠の前にはトンデモチームが大勢待っている!そう考えながら我慢のペダリング。
峠でPKのモトくんが追い抜いていった。下りで追いつこうとがんばる。ヘアピンを回り込んで嫌な逆バンクで落車のコール。まさかと思ったが、モトくんではなくて一安心。でも選手はコーナーで横になったままだったので心配。川沿いの平坦をまた単独走。風が追っているはずなのにコーナーでホイールが振られてびびる。スーパー農道の登りで両脚ふくらはぎに痙攣。逃げるモトくんがだんだん遠ざかる。農道の峠で3人くらいのグルペットにごぼう抜きされる。直線下りで必死に追うがまた空回り状態で差は開くばかり。横風は相変わらず強くて、国道に出てからも前を追うのに一苦労。
3周目の登り口で先頭から7分をコールされる。残り3分で足切りだ。小川の嫌な思い出が頭をよぎる。峠で足切りなんてごめんだ。何としても完走するんだと気持ちを奮い立たせる。とにかくここを登りきればゴールへ行ける。ただそれだけを考えて坂を登る。痙攣は両太ももの前面にも走る。tifoさんの声援が気持ちを奮い立たせる。
20111016-_MG_3565.jpg

すぐ後ろにコスギックも来てるみたい。二人そろって関門を越えるんだ。k6ちゃんから「もっと踏め」の激が飛ぶ。そうだ、登るしかないんだ。トンデモチームメートが大きな声で励ましてくれる。声援に後押しされて峠手前の急坂を登りきる。峠が見えても気が抜けない。いつ旗を振られるか、もう時間がないんだ。オフィシャルが9分57秒とコールしている。ホントか?よく分からないがとにかく関門は越えた。下りは慎重に行って、スーパー農道の登りでもう一度がんばるんだ。下りは3人ほどのペーサーと一緒に下る。逆バンクのコーナーには救急車が来ていた。川沿い平坦は4人の列車ができて助かった。チームメートのコスギックも追いついてきた。強風にあおられながらワインディングをこなし、スーパー農道登りへ突入。列車はばらけてしまったがみんな最後の力を振り絞って峠をめざす。ボトルの水が底をついた。苦しいレースも残すところ後3kmくらいだ。峠を越えて下りへ突入。後ろにいたコスギックの姿が見えなくなってしまった。
最後の下りを終えて国道に出る。残り1kmも単独走になってしまった。コンビニを曲がり総持寺への直線に入る。
20111016-_MG_3593.jpg

走りきれた嬉しさがこみ上げてくる。
20111016-_MG_3594.jpg

ゴールラインを過ぎて大きく深呼吸してレース終了。
(写真はtifo500さんのページから引用させていただきました。)
posted by 0nix at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース

2011年06月26日

2011内灘サイクルロードレース

朝6時内灘へ向けてゴー。
今日のレースは10kmなのでせめて自走で。。。

受付でチップをもらい準備。t2くんの車に荷物を置かせてもらう。感謝!
パンフレットを見てびっくり。自分の出場する1周レースは参加者12名だと。
期待と不安が入り混じる。

チームTTが始まっていたので観戦。
新コースの最終コーナー付近で観ていたが、いまいちコーナースピードがのってないような。
どうやら強烈な向かい風に苦労しているみたい。

個人TTも終盤になったところでかる〜くアップ。
上級レースにくっついてスタートラインへ。3周レースは大盛況だね。

スタートラインにそろったのは8名(汗)スタート前に記念撮影してるし。
この人数じゃサイクリングやね、の声も。。。
んじゃ、行ける所まで逃げるしかないっしょ。

ピストルの合図でスタート。人数いないのでコースが広い!ちょっと様子を見るがほんとに誰も出て行かないので一気にスピードアップ。集出荷場交差点を過ぎてチラッと後ろを見ると2人着いて来てる。まだがんばれるとペースアップ。
3人で回せばいい感じで行けるかとローテを頼むが「このペースじゃ無理!」と言われ、ちとペースダウン。気がついたら4人になってる。チームTTみたいやなと思いながら追い風細道区間へ。コーナーの入り方がばらばらでペースが乱れる。
湖西に出て4人のペースが落ち着いた。休まれたらまずいなぁと思う。赤シルベストがちょっと付き切れしそうになったり、青ジャージがあまり前を引かなくなったり、黄ジャージは協力的だったり、展開が見えてきた。
大クランクの出口で勝負のアタックを掛ける。アウターを踏み倒して、差が開いたかに見えたが、ここで青ジャージがまた追って来て逃げをつぶされた。
バンクコーナーを抜けて向かい風区間。すっごく苦しい。赤シルベストがすっと前に出た。ここで着かなきゃと思ったが差がつまらない。後ろ2人は切れて一対一だ。
最終コーナーで3秒ほど開いてしまったか?残り250m必死でもがくも差をほとんどつめれず、20mほど遅れてゴール。
内心ちょっと悔しかったが、無事ゴールできたことに感謝。赤シルベストとクールダウンしながらレース内容を振り返ってみてた。

今年の暑い内灘も終わった。。。
posted by 0nix at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース

2009年06月29日

第27回内灘サイクルロードレース

■チームタイムトライアル
前はトンデモ アン・メル・デール、後ろはトンデモナイ人達に挟まれ28番目のスタート。目標はチョッキーズを捕まえてAve42km/h台!スタートは一気に加速せずじわ〜っと上げる。順番は俺、SGMTくん、KSGくん、ム月さん。最初のコーナーまで引っ張ってSGMTくんにタッチ。彼も2つ目のコーナーまでがんばって引いてくれた。海側道路で前方のアン・メル・デールが結構間近に見える。まずはこのチームを抜くのだ!ローテを回しながらみんなの様子を確認、まだまだ大丈夫。北側直線で向かい風になる。アン・メル・デールを抜くことに成功。でも後ろにはトンデモナイ人達が迫っていた。小さい橋を渡った辺りでトンデモナイ人達に抜かれる。湖北大橋を曲がったところでム月さんが遅れる。ペースを39km/hまで落とし体制を整える。ム月さんを温存するために3人ローテににしてペースを徐々に上げる。抜いたアン・メル・デールに追いつかれ抜き返されるが、30秒差があるのでここは落ち着いてペース維持。1周回を終え2週目に入り再びアン・メル・デールを抜いて、次こそチョッキーズだ。
ム月さんも回復して4人ローテに戻す。ペースも41km/h台が維持できる。しかしチョッキーズにはなかなか追いつかない。北側直線でまた向かい風でム月さんの消耗がはげしい。細かく回すよりここは力がある人が長く引いて、チームの体力を温存するべきだ。そう考え湖北大橋まで単独で引く。湖北大橋で残り約6km。何度も声をかけながらペース維持を図る。そしていよいよ最後の1km、ゴールの旗も見えてきた。KSGくんが最後尾からうまくタイミングを計ってペースアップ。みんなが列車になってぐんぐんスピードが上がる。ム月さんが遅れたが3人はいい感じで踏めてる。最後は並ぶぞっと声をかけ横一線に並んでゴール。
チームTTは何度も走っているが今年のチームはとてもいい具合に走れた。みんながそれぞれの力を出し合ってAve41km/hがキープできた。自分はちょっと余力を残した感があり、もっと先頭を引けばよかったかなと反省もある。来年もう一度同じメンバーでチームを組んで今度こそAve42km/hいや43km/hめざして走りたい。

マスドレースはこちら
posted by 0nix at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ロードレース

2008年10月19日

第1回禅の里ロードレースin輪島

津幡森林公園で実業団レースを観たのはもう7年も前の話。
自分も登録レーサーとして走るなんて思ってもいなかった。
それが今、地元石川のレースに参戦できることをとても嬉しく思う。

続きを読む
posted by 0nix at 21:30| Comment(9) | TrackBack(0) | ロードレース

2008年08月03日

実業団 2008サイクルロードレースin丸岡

先週の小川のふがいなさをこのレースで払拭したい。
自分を信じれば結果はおのずとついてくる。
しかし丸岡の女神はちょっとやそっとでは微笑まないのだ。

大会プログラムではBR−2エントリーは187名。多いぞ!


続きを読む
posted by 0nix at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース

2008年07月27日

実業団 小川ロードレース

屈辱の足きり。
3回目の頂上でジ・エンド。
こんなレースをしに小川まで来たのか、と思うと情けなくなった。

続きを読む
posted by 0nix at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードレース

2008年06月22日

第26回 内灘サイクルロードレース

その2 マスドロードレース ヤング(?)

wakiくんと駄弁りながらスタートを待つ。勝つことを求めないレースは気が楽だ。思いっきり楽しんで走ろう。前方にはtaniくんの姿が。できればアシストしたいものだ。そしてスタートの時間。

続きを読む
posted by 0nix at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ロードレース

第26回 内灘サイクルロードレース

その1 チームタイムトライアル

心配された天気もそれほど悪化せず。日ごろの行いがよろしい人たちが集う内灘へ向かう。mwcjackyさんの後ろにクルマをデポ。毎回同じようなパターンだな。 mwcjackyさんは首が痛いとおっしゃる。寝違えたかな。これでチームTTのライバルが1チーム減ったな(笑)

ローラーで軽くアップして、ム月さんと集合場所へ。よったけさんがすでに先着。ん?atakaさんがいない?スタート位置へ移動だぞ〜と思っていたら到着。4人そろってスタート位置へ。

うちらは8番手スタート。前はトンデモSHOTT。30秒間隔でスタートなので、長〜い直線で位置ははっきり見える。合図でそろってスタート。自分が先頭。よったけさん、atakaさん、ム月さんの順。まずは直線で巡航スピードに上げる。コーナー手前でローテ開始。トンデモSHOTTは意外と近い。こりゃ早くに追いつけると踏んだのだが。。。 

続きを読む
posted by 0nix at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ロードレース